イントラレーシックにかかる費用と保険

イントラレーシックの手術にかかる費用は、最新の手術のためにレーシックよりも高額になっています。自由診療なので病院により費用には違いがあり、だいたい10万円から50万円になっているようですが、健康保険が適用にならないため手術を受ける方の全額負担になってしまいます。

生命保険・医療保険に加入されている場合は、保険会社や契約プランの内容により、手術費用の給付を受けることができる場合があります。保険会社の給付金は5万円くらいからなので、費用の全額は無理としても、半分くらいの負担で手術を受けることができるかもしれません。

生命保険会社には、イントラレーシックの手術に対する給付金を対象外と定めている保険会社も増えつつありますので、手術をお考えの方は保険プランの内容確認をされたほうがよろしいでしょう。しかし、保険内容がイントラレーシックの手術の対象外になっていたとしても、そのためだけの保険の切り替えは考えない方がよろしいでしょう。総合的に見てあまり得になるとは思われません。

給付対象になっていれば、日帰り手術でない場合は入院保障も適用になると思いますし、10万円を超える場合は、高額医療になり、確定申告により税金の還付がうけられます。

レーシックを福岡で受けるなら

レーシックはどこで受けても同じだと思っていませんか?レーシックは医師の腕はもちろんですが、使用している機器によって大きく差が出てきます。レーシックを受ける場合、確かな技術、豊富な実績のある眼科でなければ安心して受けることはできません。安心してレーシックを福岡で受けることができる眼科をを紹介しています。後悔しないために本当に信頼できる病院を選びましょう。

レーシックを名古屋で受けるなら

レーシックはどこで受けても同じだと思っていませんか?レーシックは医師の腕はもちろんですが、使用している機器によって大きく差が出てきます。レーシックを受ける場合、確かな技術、豊富な実績のある眼科でなければ安心して受けることはできません。安心してレーシックを名古屋で受けることができる眼科をを紹介しています。後悔しないために本当に信頼できる病院を選びましょう。