クレジットカードの限度額をオーバーした場合

設定された利用限度額をオーバーしてまでクレジットカードを使いすぎることは好ましくなく、
避けなければなりません。

クレジットカードの種類によって利用限度額は違います。
従って、利用限度額がいくらなのかをカードごとに間違いなく把握しておかなければなりません。

盗難などによって引き起こされるクレジットカードの被害は、最小限にするような工夫が必要です。クレジットカードによっては、一回のショッピングなどに使える最大限度額が決まっているものもあります。

限度額を超えてクレジットカードを利用することがあった時には、クレジット会社によって対応が違います。カードの限度額を超えた時点ですぐさま利用できなくなる場合や、多少の超過であればそのまま使える場合もあるようです。クレジットカードの利用限度額に、あらかじめ余裕が持たせてあるわけです。例えば50万円の限度額のカードなら2〜3万円は余計に利用しても大丈夫というクレジットカード会社もあるようです。利用した時にエラーが出てしまうと確かに体裁が悪いですが、一度ぐらいであれば試みてみることもいいかもしれません。

同じクレジットカード会社のカードを複数持っている場合、そのクレジットカード同士の利用限度額が共有される場合があります。設定されている限度額を超えてカードを利用する必要が出るような場合には、カード会社に依頼して利用限度額の上限を変更してもらうといいでしょう。