関節痛にグルコサミンの効果

グルコサミンには具体的にどんな効果があるのでしょうか。

私たちは歳をとると関節が変形しやすくなります。関節に痛みを訴える人は、50代以上の人に圧倒的に多く、それが60代になると、8割を越す人がひざや腰などの関節に関する疾患を抱えるようになるといいます。

その中の症状で変形性膝関節症というものがありますが、これにかかると膝の関節が痛く、階段を上り下りするのも苦痛になります。この症状がひどくなると日常生活に支障をきたすばかりでなく、膝に水がたまったりします。グルコサミンは、このような関節の諸症状を改善することができるのです。

関節は長年にわたって使われることでその間にある軟骨がすりつぶれてしまうことがよくあり、そのまま治らない状態が、変形関節症の状態なのです。こんな変形関節症を悪化させないためにグルコサミンを飲むと、その症状を緩和させ、さらに改善していくことも可能なのです。

関節の痛みをグルコサミンが緩和できるわけは、グルコサミンが軟骨の主成分であるからで、磨り減った軟骨が元に戻ることで痛みも緩和されるのです。

グルコサミンは、飲みだして半月もたてば、たいていその効果を感じ始めるようです。といっても変形関節症は、その痛みを緩和していけたとしても、完全に治ってしまったわけではないのです。どうしても軟骨を元に戻すのには時間を要するので、グルコサミンを飲み続けて再生できるようにするといいでしょう。