国家公務員U種の試験

国家公務員U種の試験は、大卒で公務員試験を受ける人の大半が受ける試験です。
国家公務員U種はどのような仕事がメインとなるのか、解説していきます。

国家公務員U種は、各省庁の本省庁や出先機関で働くこととなり、行政事務、技術研究業務に従事し、行政および研究担当者の補佐をする中堅幹部職員です。いわゆる「ノンキャリ」のことです。

【受験資格】
(1)受験年の4月1日で21歳以上29歳未満の者
(2)21歳未満で短大、専門学校を翌年3月卒業見込み者、または、人事院がそれと同等と認定する者

合格率はT種よりも高いですが、7.2%と難関です。
実際には受験生の中でも地方上級が本命の人もいます。

仕事に就いてからは、幅広い知識が必要とされるキャリア組に対し、一つの分野のスペシャリストとなるノンキャリは、仕事に対するやりがいも大きいものとなります。また、近年ではキャリアとノンキャリの垣根を取り払おうという動きも出てきています。